上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
ーーえ、そうなの?と弘美は意外そうな声を上げ、由利恵を見返した。
 由利恵は親しい同期が相沢と同じ課にいるので、内部事情に詳しい。弘美は彼女からその情報をひきだそうと、わざと給湯室で相沢たちの噂話を聞いたことは黙っていた。案の定、由利恵は自分の聞き込んだ噂話を、さも得意そうに話し始めた。
 弘美はときおり驚いたように目を見開いてみせたり、しみじみとした声色で感嘆の声をもらしたりして、興奮気味に話す由利恵の話に聞き入る素振りを見せた。
「ーーあのおまじない、効き目なかったのかもね?」
 ひとしきり話し終えた由利恵が思い出したように言うと、弘美はそうね、と呟いて俯いた。
 二人は大通りの信号待ちをしながら、話題を変え、いつものように上司の悪口を並べたてはじめた。
 と、ふいに誰かにポンと肩を叩かれ、二人はぎくりとして後ろを振り返った。

「幸田君?!」
 弘美が、一つ下の後輩ーー幸田の顔を見て気の抜けたような声を出す。
「なんですかぁ。その声は。また二人して誰かの悪口でも言ってたんでしょう?」
 悪戯っぽい目で二人を睨みながら、幸田が言った。
 由利恵は苦笑いしながら、まただなんて人聞き悪いわね!と口を尖らせ、やにわに拳を振り上げた。
 幸田はさっと頭の上に鞄を乗せ、由利恵の拳をひらりとかわすと、青信号に変わった横断歩道に向かい一目散に駆け出して行く。由利恵は悔しそうに地団太を踏み、もうっ!と叫んだが、弘美は傍で二人の様子を楽しげに眺めていた。じっさい弘美は、とても気分がよかった。由利恵の話では相沢と芳枝の破局はほぼ間違いないだろうーーそうなれば相沢さんは自分のもの!そう思うと、彼女の心はたちまち浮き立つのだった。
 ところが由利恵が、そんな彼女の思いに水を差すように唐突にこう言った。
「ねえ、前から思ってたんだけど。幸田君て弘美に気があるんじゃないの?」
 弘美は、まさかぁ!と頭を振った。
 弘美が幸田に初めて出会ったのは、1年前のことである。
 システム課所属の彼女は、上司の命令で新人社員向けのパソコン講習を担当することになった。ところが質疑応答の時間になると、決まって質問してくる男がいる。それが幸田だった。眼鏡をかけたキツネ目の意地悪そうな奴ーーそれが幸田に対する弘美の第一印象だった。
 講習担当が初めてだった弘美は、人前に立つのに慣れていなかったため毎回異常に緊張した。
 ところがそこへ、いつも鋭い質問ばかり浴びせかけられるものだから、答えに窮した弘美がしどろもどろになったのは一度や二度ではなかった。
ーーやがて悪夢のような講習期間も終了。ほっと肩の荷をおろした弘美だったのだが、それもつかの間、新人研修を終えた幸田はなんと弘美の課へと配属されてきたのであった。
 以来彼は、何かにつけては弘美につきまとった。そんな彼を見るにつけ、由利恵に言われるまでもなく、弘美も幸田が自分に関心をもっているのでは?と考えたことがなかったわけではない。
 だが彼女の心には常に相沢の存在があり、幸田が入り込む余地などは到底なかった。
「ま、弘美の趣味じゃないよね。幸田は」
 由利恵はそう言い捨てて、組んだ両手を頭の上に突き上げ、うーんと大きく背伸びした。
「それにしても、デスクワークは肩こるよねぇ~」
 弘美はうん、と呟き、何気なく幸田の走り去って行った方向に目を向けた。


  ********


 翌日、弘美がパソコンに向かっていると、脇を通りかかった幸田がこう囁いた。
「弘美さん、相沢さんが廊下で待っていますよーー」
 やや上ずったような声に、弘美はかすかに胸がうずくような痛みを覚えたが、「相沢」という名前を耳にすると、やはり自然顔がほてっていくのを感じた。
 廊下へ出て行くと、エレベーターホールに身を隠していた相沢が姿を見せた。
 弘美は喜びいさんで彼に駆け寄ると、ほとばしるような笑顔で問いかけた。
「急に、どうしたんですか?」
 弾むような声の弘美だったが、どういうわけか相沢は、ひどく青ざめた表情で俯いていた。
 弘美が不審に思っていると、彼は力ない声で呟いた。
「ーー芳枝が、自殺を図って」
 一瞬、弘美の頭が真っ白になる。
 ーー自殺!!
「ーー今朝、病院に運ばれたらしいんだ。だけど家族は、僕の面会を拒絶していて芳枝には会わせてくれない……」
 ーー何?相沢さん、何故わたしにそんな話をするの?
 言葉にならない声が、ぐるぐると弘美の心に渦巻いていく。
「弘美さん、芳枝とは同じ短大らしいね。芳枝のご両親とも面識あるって、うちの課の女の子に聞いたんだけど。ーー僕のかわりに芳枝の様子を見に行ってもらえないかな?」
 相沢の縋るような目が弘美に注がれていた。





スポンサーサイト
「両想いになるおまじない?!」
 弘美が眉をつり上げそう叫ぶと、由利恵は片手に持った皿の上の団子を、また一つほおばりながら頷いた。
「ホントにおまじないで両想いになれたの~?ちょっと信じらんないなぁーー」
 弘美はそう言って、なおも疑わしげな目で由利恵を睨む。
「だって本人がそう言ってるんだから、そうなんじゃない?えーっと、確かここに入ってると思うんだけど……」
 由利恵は空になった皿をベンチに置くと、足元の荷物入れのかごの中からリュックサックをひっぱり上げた。
「あったあった!これがそのおまじないの方法だよ」
 袋を開けて取り出した小さなノートをペラペラめくり、由利恵は人差指でページの一箇所を指し示しながら弘美に見せた。一瞬戸惑いの色を浮かべながらも、弘美はノートの中を覗き込む。
「芳枝さん、このおまじないでホントに相沢さんをゲットしたのかなぁーー」
 ため息とも呟きともつかぬ声で弘美がそう言うと、由利恵はあっけらかんとした声で答えた。
「信じる者は救われるってことじゃない?だって芳枝さん、どっちかっていうと引っ込み思案な方じゃない?それがあの相沢さんに自分から近づいたっていうんだから、おまじないで自己暗示でもかけてなきゃ無理だったんじゃないのー」
 「効果あるのかなあーーこのおまじない?」
 弘美は、あいかわらず疑心暗鬼な声でそう呟いた。


ーー週末の高尾山。
 登山というよりは、人を見に来たような混雑ぶりにげんなりした由利恵と弘美は、早々に峠の茶屋のベンチに腰をおろし同僚の噂話に花を咲かせていた。
 それを同じベンチの端で聞くとはなしに聞いていた尼天狗の高尾。二人の話題にのぼっている<おまじないの方法>というのに興味をそそられ、素知らぬ顔で辺りを眺めながらも二人の会話に耳をそばだてた。

(わたし、結構相沢さん好きだったんだよねーー)

 ふと高尾の耳に、弘美の心の中のつぶやきがもれ聞こえた。
 そうとは知らぬ弘美は、何食わぬ顔で由利恵に向かって言った。
「ねえ。そのノートちょっと借りてもいい?」
 怪訝そうな顔で、由利恵が弘美を振り返る。
「ーーいいけど。弘美、おまじない信じないんでしょう?」
 慌てて、弘美は大きく両手を横に振った。
「違う違う!こういうの好きな友達いてさ。絶対知りたがると思うから借りときたいの」
 弘美は作り笑いを浮かべながらそう言って、ノートをたたむとすぐさま肩にかけていたショルダーバックの中にしまいこんだ。
 高尾は、そんな二人の様子を横目でうかがっていた。
 しばらくして二人がベンチから腰をあげ、下山ルートの方へと向かって歩きだす。
 気付かれぬよう少し間をあけて席を立った高尾は、二人の後を追いながらじっと弘美の心の声に耳をすませた。

(このおまじないで、もし相沢さんを振り向かせられたらーー)

 そんな弘美の心の声が聞こえ、「やはりーー」と内心高尾は思った。
「諦めかけた相手でも、他人のものになるのは許せない!人とはほんに妬み深い生き物よーー」
 溜息をついた高尾ではあったが、何となく弘美の行動が気になり後を追ってみることにした。


 
 こんにちは。木下と申します。
 わたくしは檀上家の斜向かいに住む年寄でして、ご近所の方々からは木下のご隠居さんと呼ばれております。ちなみに、KURAMAの本編ではちょい役で出ております。
 このたび作者殿が番外編を書かれるということで、こちらにはちょくちょく出させてもらえることとあいなりました。
 そこで今回は自己紹介もかねまして、わたくしの日常やら趣味の話やらをしてみようかと思います。
 ええ~わたくしの一日は、まず朝5時の庭の掃き掃除から始まります。
ーーえ、そんなことはいい?
ーーそういうキャラではない?
 はあ、これは大変失礼いたしました。実はわたくし謎の多い人物ということで、9月21日に作者殿からの紹介があったばかりでございました。つまり、そのへんの年寄りとはちょいと違うという訳ですな。なにしろ謎の多い人物でございますから。
 ええ~謎の多い人物ーー、謎の多い人物?というのは、作者殿どういう意味合いでございますかな?
 は?ああ、陰陽道の達人!ああ、そういう意味でございましたか。なるほど!確かにわたくし、こうみえて陰陽師のはしくれにございます。
 陰陽師といえば皆様ご存知かと思われますが、式神というものを操ります。わたくしも長年一人暮らしをしておりますので、この式神はなくてはならぬ存在でございます。家事はもちろん、昼夜を問わずもののけの番もいたしますので、たいへん重宝いたします。
 現代にもののけなどいない?とんでもございません!うじゃうじゃおりますぞ。きつねだの、天狗だの、化け猫だのーー、近頃は落ち武者が裁判にも出廷するありさまではございませんか!?
 まあ、それはさておきまして。式神というものは自在に姿を変えることができます。でもって、ここに陰陽師の好みが出るわけですな。わたくしの好みはやはりうら若い女性に限りますな。いつぞや、わが家をのぞき見していた若者が、てっきり式神をわたくしの孫だと思い込み洗濯ものを盗みに庭に侵入したことがございましてな。もちろん、洗濯ものはわたくしのものしかございません。男ががっかりしているところへ、式神の通報を受けた警察がやってきて逮捕とあいなりました。うちの式神はめっぽう色っぽいいい女でございますから、魔がさすのも分からぬではございませんがな。
 そう言えば以前、檀上家の比叡君がわが家の式神に目をとめ、用もないのにわたくしのところを訪ねては、式神のいれる茶を楽しみにしていたことがありましたな。もっとも比叡君は式神の正体を知っておりましたから、のぼせあがることはありませんでしたが。


       ***********


「なあ、木下のご隠居さん。この式神、どうやってつくるんだい?俺にも教えてもらえないかなあ」
 比叡君は式神をじっと見つめつつ、真顔でそう申しました。
「天狗に式神は必要なかろう?あんたらには神通力があるのじゃから」
 わたくしがそうつっぱねますと、比叡君は口をとがらせて申します。
「俺の神通力じゃ自分が化けることで精一杯だよ。ご隠居のつくるこの式神はホントにいいよなあ」
 わたくしは少々いたずら心をおこしました。
「教えんでもないがな」
 比叡君はたちまち顔を輝かせました。
「ホントかい、ご隠居さん!?」
「ああホントだよ。だがその前に、式神を操る方法を学ばねばならんよ。つくれても操れねば大変なことになるからの」
 わたくしがそう申しますと、比叡君はそれもそうだと素直に教えを請う様子でおります。わたくしは面白くなって、2,3日修行のため我が家に泊まるようにと比叡君に申しました。
 比叡であります。
 本日は鞍馬様のご命令で、箱根まで来ております。
 どのような命令か?それはですねーー、ずばり隕石の探索であります!
 昨夜突如流星があらわれ、箱根方面に落下したという知らせが鞍馬様のもとにとどき、急きょこの比叡が隕石捜索の命をうけたのであります。意外に思われるかも知れませんが、実はわれら天狗にとって、未確認飛行物体および隕石の探索は大事なお勤めの一つなのであります。
 なぜか?それはわれらと同じ組成の生命体がこの地球に現れはしないかと常に監視するためなのであります。
 ご存知の方もおられるかとは思いますが、もともと天狗は護法魔王尊様によって造られた生命体であります。その護法魔王尊様は、100万年前に地球にやってこられた異星人であられます。それゆえわれわれの遺伝子も、地上の生命体とは異なる組成をしております。古くからの伝承にもあるように、われわれに神通力なる特殊能力が備わっているのもそのためであります。
 早い話、われらは異星人というわけですな。もっとも生まれはこの地球でありますから、地球を故郷とする異星人ということになりますか。
 ところで、地球にやってくる異星人のなかには非常に友好的な者とそうではない者とがおります。特にわれらと同じ遺伝子をもつ星人は、実は友好的な存在ではないのです。そのため彼らが地上の生物に危害を加えぬよう、われらが見張っているわけであります。
 そんなわけで箱根にやってきたのですが、知らせのあった地域の聞き込みを半日がかりで行ったにもかかわらず目撃情報はゼロ。隕石を見た人はもちろん、噂を聞いたという人も皆無というありさま。隕石の落下の場合は大抵何かしらの情報が得られるものなのですが、今回に関しては全く情報なしということですっかり頭を抱えておりました。



「あのーすみません。この土地の方ですか?」
 
 鞍馬様になんと言い訳したものかーー?
 と、考えをめぐらしつつ芦ノ湖の湖面を恨めしげに眺めていたわたくしは、ふいにそう声をかけられ後ろを振り向きました。見るとそこには観光客らしい若い女性の二人連れが立っておりました。道にでも迷ったのか、二人とも困惑の表情を浮かべております。
「いや、違いますが。ーー何かお困りですか?」
 
 矢切りの渡し


 連れて逃げてよーー。

 ついておいでよーー。


 高尾は、公衆電話BOXの中で受話器を握りしめたまま泣き崩れる若い女性の姿を、ずっと見つめていた。

 すでに夜の帳が落ち始めている神社の境内で、彼女は身じろぎもせずじっとその女性を見守っていた。隠れ蓑を外套に変え姿を消している高尾に、涙にくれるその女性が気づくはずもない。
 何故、そんなに泣くの?
 今の時代、道ならぬ恋などありはすまいにーー。
 高尾はしかし、とめどなくあふれる涙で顔をくしゃくしゃにした女性の横顔から目をそむけることができなかった。激しく嗚咽をこらえてはしゃくりあげる哀れな彼女の姿が、忘れかけていた記憶をーー切ない思い出を、高尾に思い出させていたからである。

 それは、時を遡ることざっと数百年前ーー。
 決して許されない恋というものが、まだこの世に存在していた時代のことである。
 当時の高尾はまだ若く、天狗としてようやく独り立ちが許されたばかりの頃であった。高尾山の山腹に天狗をまつるほこらがあり、彼女はそこに身を置くことを決意した。関東は家康がまつった稲荷明神の勢力があまねく世を席巻しており、天狗である彼女にとって決して安穏な任地ではなかった。それでも彼女はあえてこの地を選んだ。それはともすると見下げられがちな、尼天狗である彼女の意地もあったのかも知れない。
 ともかくも、高尾は夜昼となく関東平野いったいを飛び回り、よくその任を果たしていた。
 そうして1年が経とうとしていたある夜のこと、高尾はその二人に出会ったのである。

「連れて逃げてよ!」
 川岸の藪のなかから若い女の悲痛な叫び声がして、興味をひかれた高尾は近くの渡し場の上に舞いおりた。
 声のした方を見ると、藪の中に辺りに目を走らせしのびあう若い男女の姿がある。娘の方は装束から察するに、良家の息女と見受けられた。立ち居振る舞いから武家の出のように思われる。一方男の方はいかにもみすぼらしく、つぎはぎだらけの着物をまとった浪人風の男であった。
「お嬢様。わたくしについて来られたら命はありませぬーー」
「わたくしを置いていかないで!どうか後生だから、そんなことは言わないでちょうだい!」
 娘は浪人の袖にとりすがり嘆願していった。
「わたくしはあなたと、終生ともに生きて行こうと堅く心に決めたのです。ーーたとえそれが道ならぬ恋であろうとも」
 浪人は肩を落とし、うなだれていった。
「このようなことになろうとはーー。亡くなった父も、決してわたくしをお許しにはなりますまい」
 娘は浪人の背にしがみつき、声をおし殺しむせび泣いた。
 娘にしてもまた、彼女の両親を裏切ることに変わりはなかったからである。浪人は娘をかき抱き深く彼女にわびた。
 その時である。風にのり複数の人々の話し声が二人の耳にとどいた。とっさに彼らは互いに顔を見合わせ、息をひそめた。
ーー追っ手である。

 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。