上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
道がすいていたこともあり、宿に着いたのは午後4時過ぎ。ほぼ予定通りの時刻だ。
ただ日中は陽差しも出ていたが、この頃になるとまた灰色がかった厚い雲がすっかり空を覆っていた。宿の駐車場に車を止め後部座席の荷物をおろしていると、まずいことにぽつぽつと雨が降り出した。今夜打ち上げられる洞爺湖の花火を心待ちにしていたわたしの胸に不安がよぎる。
チェックインを終えると、部屋係の男性が先に立って館内を案内してまわった。部屋まで案内されたところで、雨でも花火は打ち上げられるのかと訊ねてみる。すると雨でも花火は上がりますとの返事。それならばとひとまず胸をなでおろす。
夕食の時刻まで少し間があるので、それまで愛犬を連れて宿の周辺を散歩することに。
この宿は洞爺湖畔に位置しており、桟橋までは数分の距離だ。傘をさして宿を出ると、すぐ前の道路がゆるやかにカーブした坂道になっており、そこを下りて行って桟橋まで行き、そこからは気の向くまま湖に沿って南の方角へと歩いていった。ところが時間が経つにつれ雨がしだいに強まってきた、愛犬にはレインコートを着せてあったが、あまり雨足が強まると頭や尻尾がずぶぬれになりあんばいが悪い。仕方なく散歩を止め宿へと引き返すことに。
部屋に戻り、愛犬の濡れた体を吸水性の好いタオルで十分拭き取る。部屋が畳敷きなので、濡らしてはまずかろうとこちらも気をつかう。
やがて夕食が部屋に運ばれて来る頃になると、外はどしゃぶりになっていた。だが、花火を見るには桟橋まで出向いた方が眺めは良い。そうなると、ずぶぬれになってしまう相棒を部屋に置いていったものかどうかと頭を悩ます。
 夕食もすみ、部屋のテレビを見て時間をつぶすうち花火の始まる時刻となった。窓を開けて外の様子をうかがうと、幸い雨はほとんどこやみになっていた。この程度なら愛犬を連れていっても問題なさそうだ。ふたたび外出の支度をし、相棒に首輪とリードをつけてやると、彼女は嬉しそうに声を上げ、くるくると何度も部屋を走り回った。

079.jpg
083.jpg
076.jpg
082.jpg

ドーン!ヒュルヒュルヒュル~!
次々と打ち上げられる夜空を彩る大輪の花火たち。辺りに響き渡る轟音に、さしもの相棒も度肝をぬかれたか、吠える気力も失せた様子。神妙な顔つきで尻尾を丸め、しがみつくように足元にすり寄って来る。わたしは傘を閉じて彼女を抱き上げ、体を撫でてやりながら美しい夜空の祭典に酔いしれた。

翌朝宿をあとにすると、昨夜花火を眺めたあの洞爺湖を、今度は船上から楽しもうと遊覧船に乗り込んだ。
汗ばむほどのお天気に恵まれた遊覧船のデッキで、洞爺湖の中央に浮かぶ丸みを帯びた3つの島を眺める。
洞爺湖はこれだけ北に位置しながら、1年を通して凍ることがないという。先住民族アイヌの伝説を船内放送で聞きながら、古(いにしえ)のアイヌの人々の目には、この雄大な湖がどのように映ったのだろうかとしばし思いを馳せる。

108.jpg
109.jpg

船を降りると、次の目的地である函館へと車を走らせた。
移動に時間がかかるため、昼食はサービスエリアですまそうと街のレストランには寄らず迷わずす高速に。しかしこれが失敗だった。昼間近になってサービスエリアを探すもあるのはパーキングエリアばかり。試しに2回ほどパーキングエリアに立ち寄ってみたが、あるのはトイレと自動販売機のみで食事処はおろかコンビニ程度の店もない。
焦って道路地図を見ると、函館までのルートにはサービスエリアがないことが分かった。やむなくいったん高速を降り、近くのコンビニでサンドイッチやおにぎりといった軽食を買い込み車中で食べることに。
首都圏近郊の高速道路とは勝手が違うことを知り、事前に調べておかなかったことをつくづく後悔する。

函館へ着くと、まっさきに五稜郭へと向かい愛犬とともに敷地内を1周。
五稜郭内は函館市民の憩いの場だそうで、花見の季節にはここでジンギスカン料理を食し酒宴に興じるのだそうだ。有名な観光地でありながら、ペットの散歩を認めるおおらかさに愛犬家としてはおおいに感謝の念に堪えない。
周囲を濠で囲まれた五稜郭を、入場前に撮影しようとカメラをのぞくと、またも空にうっすらと虹の姿がーー。晴れたかと思えばすぐに曇り小雨が降るーーそんな不安定な天候がこの日も続いていた。
五稜郭に入場すると、最近建てられたという真新しい函館奉行所の建物がひときわ目を引いていた。この奉行所はもともと函館山の中腹に建てられ、湾を行き来する船を監視する役目を担っていたもので、それを五稜郭内に再現したらしい。(現在、函館奉行所の跡地は更地になっている)


087.jpg
088.jpg

五稜郭で愛犬の運動をかねた散歩をすませ、今夜彼女を預ける予定のペットホテルへと向かう。
せっかくの函館の夜。ぞんぶんに海の幸を楽しむため、悪いが愛犬とは宿を別にすることにしたのだ。
彼女をペットホテルに預け、宿泊するホテルにチェックイン。フロントでお薦めのすし屋を訊ねてみると、すぐにカウンター下から周囲の食事処が網羅されたリストを取り出し、2軒ほど丸をつけて場所も詳しく説明してくれた。
あらかじめお目当ての店を調べていたわけでもなかったので、その店のうちの1軒に行ってみることにする。

旬の海の幸に舌鼓をうち、酒の酔いもまわったところで、すし屋の主に函館の見どころについて訊ねた。
すると、「そりゃあ、函館山ですねぇ。函館の夜景は見事ですよ!」との返事。
そういえば、函館の夜景を見る計画をたてていなかった!
明日は夜景を見る時間はないため、急きょ店を出て函館山に登ることに。すると店の主が気をきかせ、店の馴染みのタクシーを呼んでくれるという。おかげで函館の夜景を見た後に、タクシーの運転手がライトアップされた函館の名所をながしながら観光案内までしてくれた。ホテルに着いた時、料金を聞いて良心的な値段にちょっとびっくり。
これもすし屋の主が、運転手に「安くしといてよ!」と口添えしてくれたおかげだろう。
残念ながら、食事をとるだけのつもりで出かけたため、函館の夜景も街の観光名所も写真に収めることはできず・・・。写真は、かつて青函連絡船として活躍していた摩周丸。せめてもの記念にと、ホテルの部屋から撮影したものだ。
152.jpg

*写真はクリックすると大きくなります。
スポンサーサイト
宿へのチェックイン予定は午後4時。
それまでには、まだ数時間の余裕がある。ようやく雨も上がり、この分なら愛犬を連れて散歩するのもそう苦にはならないと思い直した私は、周囲の人気観光地の一つ昭和新山に立ち寄ることにした。赤信号で停車したタイミングを見て、車のナビをセットしなおす。
道すがら雨を降らせていた黒雲は彼方へと姿を消し、空はしだいに明るさを取り戻していった。やがて視界を覆っていた雑木林が途切れ海沿いへの道へと開けた瞬間、目の前に大きな虹が現れた。海の上にかかる七色の橋に感激し、慌ててカメラを手にシャッターを押す。

144.jpg

虹を見たのは何年振りだろう?
それもこんな大きな虹・・・、もうずいぶんと見た記憶がない。

車が昭和新山の噴火口「金毘羅火口」に着く頃には、空には澄んだ青空がのぞき、日も差し始めていた。
支笏湖ではやや寒さを感じたウインドブレーカーも、ここでは腕まくりしたくなるような暖かさだ。
愛犬を連れて車を降り、噴火口のふもとにある駐車場の立て看板を眺める。駐車場は噴火口を見下ろす丘の上にもあると分かり、車に戻り急勾配をよじ登るように走らせて丘の上へと向かう。

117_201310222101018f3.jpg
116.jpg
115.jpg

眼下に緑色の水を湛えた火口と、広大な湖「洞爺湖」を望む。
吹きわたる風に、旅の高揚感がいや増すようだ。
丘を見下ろす愛犬の足取りも軽く、私たちは車に乗って丘を滑り降りると、次なる目的地「昭和新山」を目指し走った。

昭和新山に着いたのは午後1時過ぎ。快晴となった空の下、山裾で色づく灌木林にも見劣らぬ赤い山肌を見せる新山は、脈打つ山の息遣いとでもいったものを感じさせるような迫力で聳え立っていた。
いつ山が鳴動しても、恐らくは誰も驚きはしないだろう。

086.jpg
136.jpg

車を降りて付近を散策する。手入れのされた芝の上や整備された舗道を歩きながら、土産物屋の店先を眺めて回る。
しばらく行くと、舗道から一段低くなった敷地の奥に、雰囲気のある佇まいのガラス工芸の店があるのに気づき店内に入ることにした。(この間、相棒の彼女には店の前で待機してもらうことにする)
色とりどりのガラス細工に目移りしながらも、気に入った置物をいくつか選び購入。店を出ると相棒(愛犬)が恨めしそうに私の顔を見上げて、申し訳程度に尻尾を振ってみせた。
さあ、今日の観光はこれで終了。後は宿に向かうばかりだ。


新千歳空港に降り立ったのは、秋の気配が深まる10月半ばのある朝のことだった。
羽田空港で思いのほかペットを預けるのに手間取り朝食を取れずじまいだった私は、到着後すぐに愛犬を連れ空港近くのアウトレットモールへと向かった。ここにペットと一緒に食事ができる場所があると聞いていたからである。
旅の初日とはいえ、まずは空腹を満たさねばゆっくりと観光を楽しむことなどできはしない。
ところが不運にも、朝から降り続く雨のせいで屋根のないテラス席はびしょぬれで使用できず。
もしや・・・と淡い期待を抱いたレストラン店内へのペットの入室もできず、食事は断念せねばならなかった。
結局、モール内にあったバーガーショップでアメリカンドッグとハンバーガーを購入して駐車場の車の中へ。雨の中、愛犬にドッグフードとハンバーガーにはさまっていたレタスの端を与えながら、味気ない食事を早々に済ませたのだった。
車を走らせながら、最初の目的地の支笏湖へ。
この雨では湖の風景を楽しめまいと覚悟はしていたものの、いざ湖面まで降りて行き、かすんで何も見えない湖を目の当たりにした時には、さすがに落胆した。
040.jpg

傘をさしながら、とぼとぼと湖畔を歩く。秋色に色づく公園の木々と花壇に植えられている赤いダリアの花が、雨に洗われひとしお鮮やかに目に映る。ほんの少し、救われる思いがした。
047.jpg
049.jpg

ここまで出向いたのは、あながち失敗でもなかったかも知れない。帰りがけ立ち寄った土産店で、「手作り」と台紙に書かれた皮製の栞を購入した。北海道を代表する花「すずらん」が描かれており、いかにも素人っぽい作りだったが、そこが味があって気に入った。
車に戻って行くと、ひとり駐車場の車内で待っていた愛犬が、私の姿を見つけて吠え立てる。
雨の中では犬を連れて歩くのは億劫だ。車に乗せる前に濡れた体をふき取り、泥で汚れた足を綺麗にしてやる必要があるからだ。その面倒を嫌って車内に置き去りにしたのだが、彼女にはどうもそれが面白くないらしかった。
私の愛犬(彼女)は大の旅好きだ。車酔いもしないし、車を停車してドアを開けてやると、満面の笑顔を浮かべて外へと跳び出てくる。犬が笑顔?と思うかも知れない。だが実際犬というのは、すこぶる表情豊かな動物なのだ。旅先での彼らの様子を見ていると、このうえもなく楽しんでいるらしいのが手に取るように分かる。思うに犬という生き物は、生まれつき旅好きなのに違いない。
やれやれ、早く雨が上がってくれないと、私の愛犬の機嫌はさらに悪くなりそうだ。
さて支笏湖を後にして、今夜逗留を予定している洞爺湖へと向かって車を走らせる。幸い少しずつ雨足も弱まっていくようだ。ほっとして車窓を眺めると、まっすぐに伸びる道に沿って赤や黄色に染まった木々の景色が走り去っていく。
北海道は紅葉の季節だ。
053.jpg
052.jpg
055.jpg


*画像はクリックすると大きくなります。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。