上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
はじめまして
ファンタジーの世界に魅了され、日々癒されている私ですが、今回ファンタジーならではの創作日記に挑戦してみようと思い立ちました。
ファンタジーの世界では人や動物はもちろん、架空の生き物たちとも簡単に友達になれます。彼らと一緒に癒しのひとときを過ごしてみませんか?
みなさんのおいでを心待ちにしております。

さて初日の今日は、ファンタジーガーデンに住む主な登場人物の紹介をしたいと思います。

「メリルさん」 ファンタジーガーデンの持ち主で、お花が大好きな優しいご婦人。日々庭の草花の世話をしながら一人暮らしをしている。

「レグルス」  メリルさんの飼っている茶色の小さな犬。甘えん坊でいつもメリルさんの後ろをついて回っている。ファンタジーガーデンの住人たちにとってアイドルともいえる存在だが、勇敢で友達思いな一面も。

「ユノー」   メリル婦人がファンタジーガーデンを作る前からこの地に住んでいる年老いたもぐら。普段はおっとりとして無口だが、とてもものしりで困ったときには頼りがいのある存在。 

「ルシェル」 ファンタジーガーデンの嫌われ者のへび。いつもあまのじゃくな態度をとっているが、内心住人たちと友達になりたいと思っている。

「ラルフ」   いつもふらりとガーデンにやってくるいたずら好きな天使。メリルさんが大好きで、よく彼女のお手伝いをしては、ご褒美にもらうお手製のクッキーを嬉しそうにほおばっている。

「エレーナ」  ガーデンの妖精。レグルスの一番の友人で危険を察知するとすぐに知らせてくれる。ガーデンでの出来事はすべてお見通しで、住人たちのもめごとのまとめ役ともいえる存在。

「イジー」   ガーデンのメインツリーに巣作りしている変わり者のカラス。いつもクールにふるまっていて、つかみどころがない。ひなのとき、巣から落ちてけがををしているところをメリルさんに助けられガーデンに住むこととなった。無愛想だが頭がよく、メリルさんにだけはよく懐いている。

それでは次回、「メリルさんのある日の朝」の出来事から、創作日記のはじまり、はじまり~ 
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。