上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
 ママは3週間に1度、真子をペットサロンへと連れて行く。
そして、今日がまさにその日だーー
 ママは真子にそうは言っていなかったが、彼女は薄々それに勘付いていた。というのは、昨日ママがペットサロンのお姉さんと電話で話をしているのを聞いていたからである。ママがペットサロンに電話するときは、大抵次の日には予約を取っていることが多い。
 そして、普段は散歩嫌いのママも、この日だけは駅向こうにある行きつけのペットサロンまで、わざわざ足を運んでくれるのだ。 ただサロンに行く前、ママは決まって真子が嫌がるあることを始めるので、それにはいつも辟易していた。それはーー、ブラッシングである。
「真子ちゃん。今日はペットサロンに行く日だから、ちゃんとブラッシングしておきましょうね」
 外出用の服に着替えるママを見て、いよいよ出かける!と察知した真子は、慌てて部屋の隅へと駆け込み身を隠した。しかし着替えを終えると、ママはワンちゃん用のブラシを手に取り、睨むように注意深く部屋を見渡す。たとえ少々真子がじょうずに姿を隠していたところで、ママがちょちょいと魔法をかければ、あっという間に彼女は見つかってしまう。
 それでも真子が、抱き上げようとするママの手からすり抜け逃げだそうとすると、今度は体がまるで動かなくなる魔法をかけられてしまう。
「これからサロンで綺麗にしてもらうのに、どうしてブラッシングしてから行かなきゃならないの?」
 ブラッシングされるのが嫌いな真子は、耳の後ろや尻尾の先まで、執拗にブラシをかけようとするママに向かい不満そうな声を出した。
「シャンプーする前にブラッシングして毛玉をとっておかないと、カットするときに、たくさん毛を切られちゃったりするのよ。真子そうなったら嫌でしょう?」
 脅すようにそう言われると、真子は首をうなだれ、たちまち神妙な顔になった。
 真子はできるなら、自慢の長毛を切られたくはないのだ。だが、キャバリアは小柄なわりに体毛が伸びるので、どうしても定期的にカットせざるを得ない。そうしないと、散歩のときに尻尾を垂らして歩く癖のある真子は、地面のほこりやら枯葉やらをすぐに尻尾にくっつけてママに叱られるのだ。
「真子ったら。どうして、もっと尻尾を上げて歩けないのかしら?」
 お散歩していると、いつもママはそうやってぼやく。でも、真子は尻尾を上げて歩くほど外の世界に慣れてはいないのだ。真子にとって、外の世界はおっかないものだらけなのだから。
 特に怖いのが、近所の男子校に通う学生たちが道幅いっぱいに並んで歩いて来る時だ。
 真子は以前、散歩コースにある川の畔で、ひなたぼっこをしている鴨に棒を振るい、追いかけまわしている男子学生を見たことがある。
 この時はママが、鴨をいじめていた学生の足元に魔法で石を出して転ばせた。それで、鴨は飛び去り難を逃れたのであったが。
 だがそれ以来、真子は男子学生が近くを通るたび、尻尾を丸めてママの後ろへと身を隠すようになったのである。
 とはいえ、もちろん散歩には楽しいこともいっぱいある。犬好きな人に遭遇すれば、真子の姿に目を細め、「可愛いわねぇ」と優しく声をかけてくれるし、時にはワンちゃん連れの人に合い、親しくなることもある。
 そして、今日もそんな偶然に真子は出くわした。
 それは、ペットサロンに行った帰りであった。
 大きなスーパーの前をママと歩いていた真子は、自分よりも一回り小さな白と茶のぶちのワンコが、こちらに向かって歩いて来るのに気付いた。するとママも気付いて真子に話しかけた。
「真子ちゃん。あそこにいるのは、ジャックラッセルテリアっていう種類のワンちゃんよ」
 ママがそう言って間もなく、ジャックラッセルテリアは真子のすぐ近くまでやって来た。
 たちまち、真子がママの後ろに隠れる。
「真子ちゃん。隠れてないでご挨拶しなさい」
 ママは何度もそう声をかけたが、真子は頑として隠れたまま動かない。
 やがてワンちゃん連れが行き過ぎると、ママは呆れたように呟いた。
「真子って、どうしてこう怖がりなのかしら?」
 だが真子は、そんなママの呟きを聞きながら、内心(分かってないなぁ)と思う。
(ママったら、鈍感ね。さっきのは男の子だったでしょ。初対面なのにこっちから近づくなんて、はしたないじゃない!男の子には、最初はその気がないように振る舞うのが女の子として当然よ!)
 しかし真子はーー心ではそう思いながらも、ついついさっきのワンちゃんの方を振り返ってしまうのだった。


31+繧ク繝」繝・け繝ゥ繝・そ繝ォ繝・Μ繧「_convert_20121121004518

イラストは、はまゆうさんのブログ素材をお借りしています         
イラストブログ Hugging Our Dogs へはこちらをクリック!


記事を読んでいただき、ありがとうございます!
ただいまブログランキングに参加中です。
ポチッと応援していただけると、励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。