上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
 明日はママの誕生日。
というわけで、休日の今日パパとママは二人揃って買いものに出かけることにした。
 だが真子は、家でひとりお留守番である。買い物でも、ホームセンターでなら真子も連れて行ってもらえるのだが、今日はママの誕生日プレゼントを買うためのお出かけ。残念ながらママの欲しいものはホームセンターには売っていないので、真子は家で留守番するよう言いつけられた。
「真子ちゃん。今日は明お兄ちゃんが遊びに来てくれるそうだから、良い子にして待っていてね!」
 出かける間際、ケージの扉を閉めながらママが真子にそう告げた。
「えっ!明お兄ちゃんが来るの?」
 真子が、にわかに嬉しそうな声を上げる。
 明お兄ちゃんというのは、ママの実の兄である。本当は叔父さんと呼ぶほうがふさわしい年なのだが、本人が叔父さんと呼ばれることを嫌うため、ママも真子も明お兄ちゃんと呼ぶことにしているのだった。
 明お兄ちゃんはママやパパが出かけて家を留守にするときなど、たまに真子の面倒をみに遊びにきてくれる優しいお兄ちゃんだ。ママと違い、お散歩だって2時間近くもかけて連れて歩いてくれるし、家でいっぱい遊んでもくれる。面倒くさがり屋のママと兄妹とは思えないほど、真子の面倒を実に良くみてくれる。
 でも、ママと明お兄ちゃんがやっぱり兄弟だなって思えることが、一つだけある。それは、明お兄ちゃんも魔法を使えるということだ。当然、真子はお兄ちゃんにたっぷりお話を聞いてもらえる。
「明お兄ちゃん。今日はお仕事はお休みなの?」
 真子はお兄ちゃんに、そう訊ねてみた。真子は今日が休日だということを知っていたが、お兄ちゃんは休日も仕事をしているのだと以前ママに聞かされていたからである。
「うん。今日はお休みなんだよ」
 にんまりとした顔で、お兄ちゃんが答える。
「僕が来て、良かっただろう?」
 もちろん真子は尻尾を上げ、元気な声で返事した。
 お兄ちゃんが、さも満足げに頷く。
「真子は、僕がどんな仕事をしているか知りたいかい?」
 明お兄ちゃんは、好奇心に目を輝かせている真子を面白がるように言った。
「知りたい!ママは明お兄ちゃんが、どんなお仕事をしているのか教えてくれないんだもの」
 不満そうに呟く真子に、「それは仕方ないよ」とお兄ちゃんが言った。
「僕はね。人助けをするのが仕事なんだよ。でもそのことを誰にも知られてはならないんだ」
 「人助け?」と聞き返して、真子は不思議そうに首を傾げた。
「どうして?お兄ちゃんは良いことをしているのだから、隠す必要なんてないのに」
 けれどお兄ちゃんは、真剣な表情で首を振った。
「本当の人助けというのはね。誰にも知られないようにするものなのだよ。もし知られてしまったら、助けたつもりの人も、助けたことにならない場合だってあるからね」
 真子は、ますます首を傾げながら訊ねた。
「良く分からないな……。その人助けって魔法を使うの?」
 するとお兄ちゃんは、少し考えてから答えた。
「使うこともあるけれど、でも大抵は使わずに助けるようにしているよ。そうした方が、助けられた人がとても喜んでくれるものだからね」
 真子はじっと明お兄ちゃんの顔を見上げ、それから言った。
「それは真子も分かる気がする。ママは真子と遊べない時、ときどきお人形を魔法で出してくれたりするけど、ちっとも嬉しくないの。でも、明お兄ちゃんを呼んでくれるととっても嬉しい!だって真子、お兄ちゃんが大好きだもの」
 すると、明お兄ちゃんは笑みを浮かべて言った。
「そうだね。ふれあいを求めている相手には、ふれあうことでしか応えることはできないからね。でも真子ちゃんが一番好きなのは、僕ではなくてママなんだけどね……」
 明お兄ちゃんがそう言いかけた時、玄関の方で急に物音がした。
 その途端、真子が大声を上げる。
「あ!ママだぁ~」
 真子はちぎれんばかりに尻尾を振って、たちまち廊下を駆けだした。
 明お兄ちゃんはそんな真子の後姿を見送りながら、寂しげに笑って呟いた。
「――やっぱりね」

春 キャバリア


イラストは、はまゆうさんのブログ素材をお借りしています         
イラストブログ Hugging Our Dogs へはこちらをクリック!


記事を読んでいただき、ありがとうございます!
ただいまブログランキングに参加中です。
ポチッと応援して頂けると、励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ
スポンサーサイト
この週末、静岡に旅行してきました^^
車中から撮った富士山です!

049_convert_20130217235627.jpg


最初に行ったのは、徳川家康の墓所がある久能山東照宮
1159段の石段を昇れば、ようやく本殿に参拝できます(^^;)
よく見ると3体の鎧武者が……(家康のものではなく、家臣が身に付けたものみたいでしたけど)

039_convert_20130217235512.jpg


翌日は、伊豆を観光したあと熱海梅園へ!
ちょうど梅祭り期間中(~3月3日)で、たくさんの人で賑わっていましたよ(^-^)/

IMGP0012_convert_20130217235826.jpg


幸いお天気が良かったので、楽しい旅行を満喫できました
たまの旅行は、気分が一新されて良いですね(*^o^*)
さあ、また明日から頑張ろうっと!

記事を読んでいただき、ありがとうございます!
ただいまブログランキングに参加中です。
ポチッと応援して頂けると、励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ









昨日、TSUTAYAで「おおかみこどもの雨と雪」を借りて来て、観ました^^
一言。
「可愛い~!!」
小さな雨と雪が、おおかみの子供の姿になり駆け回るシーンが、あ・ま・りに可愛すぎる!!(><)
「おしゃんぽ~!!(おそらく本人はお散歩と言いたいのだろう)」とおかあさんにおねだりする雪ちゃんの愛らしさといったら、たまりません(*^o^*)
今日は小説を更新しようと思っていたのですが、是非ご紹介したくて筆を執りました。
ワンちゃん好きな方にお勧めです!(だって狼って犬の祖先ですものね)^^
雪が積もった野山を駆け回るシーンも良いです!
ワンちゃんは雪が大好きですからね~
すみません……次は小説をアップします(^^;)

記事を読んでいただき、ありがとうございます!
ただいまブログランキングに参加中です。
ポチッと応援して頂けると、励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。