上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
 (レグルスを帰すのが遅くなっては、メリルさんが心配するだろうなぁ・・・)
 ユノーは今日、レグルスを森の奥にある神秘の谷へと連れて行こうと思っていた。しかしこの分だと、帰って来る頃には日がとっぷりと暮れてしまうだろう。夕食の時刻までに、レグルスをメリルさんのもとまで送り届けるのは難しいかも知れない。
(仕方ない。神秘の谷へ行くのは、またの機会にするかー)
 いったんはそう決心してみるものの、道々レグルスが嬉しそうにしていた時の様子が目に浮かび、約束を違えるのがひどく気の重いことにも思われてくる。
(いやいや、メリルさんに心配をかけてはいけない!レグルスには良く言ってきかせることにしよう・・・)
 ユノーは、ファンタジーガーデンの主(あるじ)であるメリルさんと交わした約束を思い出し、揺らぐ心を戒めた。
(とにかく、今は急がなければー)
 ユノーが先を急ごうと、近道をとって森の渓流沿いの道へと出たその時であった。前方の藪が突然、風もないのにざわざわと揺らいだのであるー
 

 さてその頃、メリルさんの屋敷から飛び出したレグルスは、まっすぐにユノーの住む森へと向かっていた。
 明るい木漏れ日の射す林道を駆け抜けて行くレグルスの前方に、やがて忽然と姿を現す湖の水面ー。
 木々の間からのぞく青い水面は陽を受けてキラキラと輝き、空の青、濃い森の緑とあいまって美しい景色をなしていた。もうしばらく行けば、ユノーが好んで散歩道にしている茨の小道に出る。レグルスはよくここでユノーと落ち合い、気持ちの良い風の吹く湖の畔を散策するのを常としていた。
(ユノーはもう、友人と会えたのかしら?)
 レグルスは、今日ユノーが紹介してくれるという彼の友人に思いを馳せた。好奇心旺盛なレグルスは、ユノーが友人のことをあくまで秘密にするのに強く興味を惹かれていた。
(きっと、僕がびっくりするような生き物に違いない。もしかしたら、メリルさんが持ってる動物図鑑にも載っていないような、特別珍しい動物かも!)
 ユノーは以前、この世には動物図鑑には載っていない生き物たちがいるのだと、レグルスに教えてくれたことがあった。友人がどんな相手かユノーが内緒にするのも、図鑑に載っていない珍しい生き物だからなのかも知れない。
(メリルさんも言ってた。ユノーはとても賢く信頼できる友達だから、彼の言うことをよく聞いて学びなさいって)
 茨の道まであと少しというところまで来て、レグルスは数日前の嵐でなぎ倒されたらしい倒木が、道を塞いでいる場所へと出た。巨木のため小柄なレグルスが飛び越すのは無理そうだが、折れた枝が幹と道との間にはさまりわずかな隙間をつくっている。
 ここならレグルスにも通り抜けられそうである。
 レグルスができるかぎり身を低くして這うように倒木をくぐり抜けようとしているそのさなか、ふいに空の上から声がした。
「レグルス!レグルス!」
 驚いて見上げると、いたずら天使のラルフが、にこにこしながらこちらを見下ろしていた。
 彼は倒木のすぐ脇に立つ大きな木の高枝にまたがり、こちらに向かってしきりに手を振っている。


 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ



スポンサーサイト
「自然界の掟って厳しいわよねぇ・・・」
 夕べ録画しておいたテレビの番組を見ながら、ママは一人つぶやいた。
 真子は、アフリカのサバンナで繰り広げられる弱肉強食の映像に見入っているママを、ちらりと横目で一瞥した。テレビから聞こえてくる猛獣の恐ろしげな唸り声。反射的に画面に視線を走らせた真子の目に、運悪くアップになったライオンの映像がとびこんだ。真子は顔をひきつらせ、慌てて顔を背ける。
 パソコンデスクに座っているママをうらめしげに見上げてみるが、画面に釘付けのママは気がつく気配がない。真子は諦めてソファにうずくまり目を閉じた。肉食獣に襲われる残酷な映像なんて、真子には怖くて見ていられない・・・
「真子ちゃん。自然界っていうのはね、本当はこんなに厳しい世界なのよ!」
 けれどもママはそんな真子の気持ちに気づかないのか、当然のような口ぶりで画面から目を背けている真子に話しかける。そのうえじっくり番組を最後まで見るつもりらしく、飲みかけのコーヒーとクッキーの入った小皿をパソコンデスクからソファ脇のテーブルに移して、深々と腰をおろした。テレビの真向かいに置かれたこのソファが、テレビを見るのに好都合だったからである。
 真子はリビングの中で、このソファが一番のお気に入りの場所だった。だがときおり、ママやパパが真子の興味のないテレビを見ているときなどは、ひどく居心地悪く感じられることがある。
 今がまさにそうだ。
(ママ、こんな番組を見るのはやめて!)
 心のなかではそう叫んでいる真子だったが、それを口にすることはできなかった。なぜって、ママがとても真剣な顔で番組を見ているからである。
 真子のママは、テレビを見るのがお仕事らしい。「放送作家」という職業なのだそうだ。番組を見ることはママの大切なお仕事。だから、真子の見たくない番組をママが見ていることがあっても、お仕事なんだから仕方ないーと真子は我慢することにしていた。
 でも今日の番組にはさすがに真子も辛抱できず、とうとう彼女はソファを降りた。そしてとぼとぼと部屋の隅っこまで歩いて行き、大きなため息をついて床に寝そべった。
 しかし10分程も経った頃だろうか。急にママがテレビのスイッチを切ってソファから立ち上がり、食器を鳴らしながら台所へと運んで行く足音がした。
 真子は構わず、目を閉じたまま床に足を伸ばして寝ていたが、ふと気が付くと、すぐ目の前にママが立っていて、こちらを見下ろしていた。

「真子ちゃん。ママのところに来てくれてありがとうね」
 ママはかがみこむと、真子の頭を撫でながら唐突にそう言った。
「どうしたのママ?」
 真子がきょとんとしてママに訊ねる。
 するとママは、さっき番組を見ていた時と同じ真剣な眼差しでこう言った。
「真子ちゃんが、あんな怖い思いをしなくて良かった。辛く寂しい思いをしなくて良かった。ママのところに来てくれて本当に良かったって、心からそう思うからよー」

 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ

「やあ、ラルフ。そんなところで何をしてるの?」
 レグルスは、普段人前では滅多に姿を見せることのない天使が(ファンタジーガーデンの中では別だが)、こんな所で自分に話しかけてきたのを奇妙に思い訊ねた。 
「うん。君のことが、ちょっと心配になったものだからね・・・」
 意味ありげな視線を投げかけつつそう言って、ラルフは木の枝の上から飛び降り、レグルスに歩み寄った。
 しかし先を急ぐレグルスは、忙しない口調で吠え立てた。
「悪いけど僕、急いでいるんだ。これからユノーのところに行く約束なんだよ!」
 するとラルフは眉間にしわを寄せ、憮然として言った。
「知ってるよー」
 まるで行く手を阻むかのように威圧してくる天使に、レグルスは逡巡として首をうなだれた。
 気は急くが、天使が自分を引き留めようとする理由が分からない状況では説得のしようもない。それに、いたずら者とはいえ、仮にもラルフは天使。むやみに誰かの邪魔立てをするわけはないし、姿を見せてまで自分を引き留めようとするのには、それ相応の事情があってのことに違いない。
(どうしよう・・・)
 レグルスが悩んでいると、ラルフが言った。
「ユノーの友人のことで、きみに忠告しておきたいことがあるんだ。それは・・・」
 ラルフがそう言いかけた時であった。
 ふいに彼らの頭上で甲高い鳥のさえずる声がして、天使の声を遮った。レグルスが振り仰ぐと、一羽の赤い鳥がこちらに向かい、急降下で降りてくる。それは、さきほどユノーに伝言を頼まれたあの鳥であった。
「確か・・・君がレグルスだよね?」
 赤い鳥がそう言って舞い降りて来た時、気が付くといつの間にか、ラルフの姿はその場からかき消えていた。おそらく自分の姿を見られることを嫌ったのであろう。レグルスは内心ほっとして、自分に話しかけてきた相手に向き直った。
「ユノーから君に、伝言を頼まれて来たよ」
赤い鳥は、甲高い鳴き声からは想像がつかないほど穏やかな優しい目でレグルスを見つめて言った。
(何て綺麗な鳥なんだろう!)
 心の中でそう叫び、レグルスは目の前の小鳥に見惚れた。
 遠目からは鮮やかな赤い羽ばかりが目を引いていたが、こうして間近で見ると、羽の先が青や緑、白、黄色といった五色の色合いに縁取られていることが分かる。レグルスは初対面であるにもかかわらず、ついしげしげと小鳥に見入ってしまった。
「ユノーは、まだ到着していない友人を迎えに行くと言って出かけてしまったよ。それで君には、湖の畔にある姉妹岩の前で待っていて欲しいんだそうだー」


 少し離れた木立の陰から、赤い鳥と楽しげに会話をかわしているレグルスの姿を見つめながら、ラルフはいまいましそうにつぶやいた。
「もう少しだったのに・・・。それにしても、ユノーのやつ何を考えているのやら!やはり放ってはおけないな。後をついて行くことにしよう」



 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ


「真子ちゃん、何か音楽でもかけようか?」
 ー窓の外は雨。
 起きがけに、部屋のカーテンを開けに立ったママの後ろにくっついて外を眺めようとした真子は、降りしきる雨に濡れそぼった庭の草花を見て、「なんだぁ・・・」とがっかりした声を出した。そんな様子を眺めながら、ママが再び声をかける。
「何が良いかしら・・・。ケルティック・ウーマンなんてどう?」
 本棚の一角に並べてあるCDのうち1枚を選び出し、ママが訊ねた。
 ケルティック・ウーマンは、真子がドライブに連れて行ってもらう時、好んでママがかける曲である。真子はドライブが大好きなのだが、どういうわけか車が発車した直後は、気分が高まりすぎて辺り構わず吠え立ててしまう。そんな真子を落ち着かせるのに格好なのが、静かで美しいメロディラインの彼女たちの曲なのである。
 真子は黙ってケージに戻ると、中央に置かれた自分のベッドに入りうずくまった。
 ママが曲をかけ始める。
 室内に、女性ボーカルの優しい声が響き渡った。
 胸にしみいるような音楽に、真子がうっとりとして目を閉じる。
(綺麗な声・・・)
 真子は、しだいに気持ちが安らいでいくのを感じた。
 ママはパソコンデスクに向かい、キーボードを叩きはじめた。
 仕事に行き詰った時、気分転換に音楽をかけたりすると、気分が軽くなって仕事がはかどることがあるのよー。以前ママは、真子にそんな事を言っていた。ちなみに、ママと真子は音楽の趣味が合う。そうそう、パパもね?(パパが、話を合わせてるのでなきゃだけど・・・)
 真子は曲を聞くうち、1週間ほど前にパパとママと連れ立ってドライブに行った時のことを思い出した。その日はとても良い天気だったので、パパが「いつもの散歩じゃなくて、みんなでドライブに行こう!」と、ママも誘って連れ出してくれたのである。
 目的地は車で20分ほどのところにある森林公園。ここはとても手入れの行き届いた公園で、短く刈り込まれた芝生広場のほか、湿地に生える植物などが観察できるこんもりとした森もある。
 涼しい風の吹く木陰の道を歩きながら、ふと真子はある光景を怪訝に思った。公園内にある池で、たくさんの人が夢中になって何かを釣っているのだ。池の中をのぞいて見るが、水が濁っているせいか魚の姿は見えない。やがてしばらく歩くうち、公園内の立て看板に「ザリガニが増えて困っています!」と書かれているのをママが見つけ、真子に教えてくれた。
「ザリガニが増えすぎて困るので、釣って欲しいって書かれているわ」
 ザリガニというのは、もともとこの池にはいなかったカニらしい。でも、ある日どこからかやって来て公園の人が困るほど増えたのだそうだ。「外来種っていってね。本来ならこの辺にはいるはずのない生き物だから、みんなで協力して捕まえているのよ」ママはそう言って真子に説明してくれた。

 この激しい雨の中、水量が増した池のザリガニたちは今頃どうしているだろう?揃って大きなはさみをカチャカチャ鳴らしながら、池の中から這い出て、公園のあちらこちらを歩いていたりするのかしら?
 そんな想像を巡らすうち、真子はなんとなく気味が悪くなってきた。
 やがて堪らなくなってきた真子は、すっくとベッドから立ち上がり、ケージから出てママの足元まで行き横になった。
(やっぱり、ママの近くが一番安心・・・)


 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ
「やっぱり、君かぁ!」
 唐突にそう言って、目の前の茂みをなぎ倒し現れたのは、身の丈3mはあろうかと思われる、全身毛むくじゃらの獣であった。灰色がかった長い体毛を揺らしながら歩くさまは、雄大な熊の動きを思わせるが、頑強な四肢以外は全て体毛の下に覆い隠され、まるで毛皮の塊が歩いているかのようだった。
 しかもその獣の発する声ときたら、猿が奇声を上げた時のような甲高い声で、その異様な外見と威嚇するような声を聞けば、傍目にはユノーに襲い掛かろうとしているようにしか見えなかったに違いない。だが幸いにも二人の再会を目にしていた者はなく、ユノーは、この毛むくじゃらの怪物を見て嬉しそうに大声で応えたのだった。
「スミス!よく来たねぇ・・・本当に久しぶりだなぁ」
 ユノーは灰色の巨体の獣を前にしても何ら臆することなく、すぐさま長い体毛に覆い隠された大木のような足にとりつき、親しげに身を寄せ頬ずりをした。これが彼なりの長年の知己に対する親愛の情の示し方なのである。
「何年ぶりかなぁ・・・。もう5・6年にはなるかね?」
 スミスと呼ばれた灰色の獣は、懐かしむような間延びした声でユノーに訊ねた。ユノーは、「うん、そのくらいにはなるね」と相槌をうって肯いた。
「ねえ、スミス。今日君に友人を紹介したいと手紙で伝えておいたろう?それで早速なんだが、一つ頼みたいことがあるんだ・・」
 ユノーは、彼の言葉に応えて身をかがめ地面にしゃがみ込んだスミスの頭の部分に走り寄り、前足で毛の下に隠れていた耳をかきわけると、その耳もとで囁きはじめたー。

 赤い鳥にお礼を言い、さよならを告げたレグルスは、先程までとは違いゆっくりとした足取りで姉妹岩へと向かって歩き出した。
 姉妹岩ならここからそう遠くはないし、赤い鳥の話では、まだユノーは彼の友人とは会えていないようである。それならば、急いで行く必要もないだろう、とそう思ったからであった。だが、彼の足取りを重くしたのは、それだけではなかった。彼に少し気がかりなことができたのである。
 レグルスはまだ「神秘の谷」に行ったことはなかったので、確信していたわけではなかったが、もしかしたら、今日は谷には行けないかも知れない、と思い始めたのである。以前、ユノーから聞いた話では、神秘の谷はちょうどファンタジーガーデンを囲むように連なる山脈の東の入り口にあるらしかった。
 そして同じように山脈の南の入り口にも、古くから鳶たちがねじろにしている「雪解けの谷」と呼ばれる場所があるのだが、ここには以前レグルスも、メリルさんとともに馬車で行ったことがあったのである。
(同じ山脈沿いにある谷だとすると、あれくらい遠い場所にあるのかしら?もし、そうだとしたら・・・)
 レグルスは、悄然として尻尾をたらした。
 彼は、ユノーの友人に会うのも楽しみにはしていたが、それ以上に「神秘の谷」に行けるのを、ずっと心待ちにしていたのである。

ー「神秘の谷」、それはとても謎めいた場所だった。
そこに行ったことのある者はみな、決してその谷のことを口にしようとはしない。それでいて、彼らの表情を見れば、語らずともその谷の素晴らしさが容易に見て取れるのだ。谷の話題になると、彼らは恍惚とした笑みを浮かべ、できることなら、もう一度訪れてみたい!と、彼らの目は語るのだった。
 しかし、誰もが谷に行けるわけではない。谷に招待を受けなければ、決して行くことはできないーと、かつてメリルさんも語っていた。


 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ

 最近ママは、真子との散歩を午前中から夕方に(それも、じき暗くなるなぁって思う直前に)、変更するようになった。その理由は二つ。一つは朝より夕方の方が涼しくて気持ちが好いから。もう一つは、この時間の方が道を歩く人や自転車の数が少ないからである。
 真子はお散歩のときリードをつけて歩くが(それがわんちゃんを連れて歩く時のルールらしいから・・・)、実際はママは真子を引っ張ったりすることは滅多にない。それはママは真子とお話しができるので、リードを引かなくても言葉で注意することができるからだ。でも行きかう人や自転車が多いと、よそ見しながら歩きがちな真子は、ともするとぶつかりそうになって何度も危ない目にあいかけている。
「真子ちゃん。道路の電信柱や縁石についてる臭いが気になるのは分かるけど、ちゃんと前を見て歩かないと危ないわよ」
 ママは真子がぼんやりしているのを見ると、いつも困り顔でそう注意した。
 だがこのところ夕方散歩になってから、そんな注意を受ける機会も減ってきた。少々真子が道を横切ったりしても、人通りが少ないから平気なのだ。
 これは、そんなのんびり散歩をしていた昨日の出来事。ママは散歩の帰りに、いつものコースをちょっとはずれて、クリーニング屋に寄ることにした。衣替えの際に出したパパのスーツを受け取るためだそうだ。それで真子はママがお店に入っている間、店の前にある公衆電話のところで待つことになった。ここならリードをつなぐのに好都合なポールが立っていて、真子をつないでおけるからだ。
 さてこのクリーニング屋の道路をはさんだ向かい側には、エクステリアを専門にしている会社があって、そこのショールームに犬の人形が2体置いてあった。両方とも舌を出して、まるで笑っているような顔のかわいらしいお人形だ。真子はママを待つ間、何となくその人形が目にとまり眺めていた。
 するとちょうどそこへ、2.3歳くらいの男の子を連れたお母さんが通りかかった。そのとき男の子がふとその人形に気がつき、突然お母さんの手を引っ張った。
「わんわん!」
男の子は大声でそう言うと、ショールームに貼りつき動かなくなった。お母さんが何度男の子の手をひいても頑として動こうとしない。やむなくお母さんはその場にしゃがみこみ、むずがる男の子に説得を始めた。
と、ちょうどそこへ、用事をすませたママがお店から出てきた。
「真子ちゃん、何を見てるの?」
ママは真子が尻尾もふらずに道路の向こうを見つめているのを不思議に思い、そう訊ねた。
すると真子は、「あの男の子がね。あそこにある人形が気に入ったみたいで、お母さんが手を引いても動こうとしないの・・・」と答えた。それを聞いたママはしばらく考え込んでいたが、すぐに何かを思いついたようにポンと膝を叩いた。
「じゃあ、犬のお人形に魔法をかけて、男の子にさよならのご挨拶をさせましょうー」
ママはそう言うと、指をくるくるっと回して呪文を唱えた。
するとたちまち、「じゃあね・・・わんわん。バイバイ!」と言う男の子の声が聞こえてきた。真子は驚いてママを見上げた。
「ママ、ワンコのお人形にお話しさせたの?」
真子はそんなことをしたら、男の子のお母さんが驚いたのではないかと心配になって訊ねたのだ。
しかしママは何気ない顔で「大丈夫よ。男の子にしか聞こえない声でご挨拶させたからー」と、真子を見てにっこりとした。そして、真子のリードをポールからはずすとこう言った。
「さあ、わたしたちも早くうちに帰りましょう。もうじき暗くなるわ!」
 

 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ
湖の畔に着いたレグルスは、一瞬湖面に映った眩い光が目に飛び込み、思わず声を上げ目を細めた。
(それにしても、今日は良い天気だなぁ・・・)
 湖面に背を向け姉妹岩の方に歩み寄りながら、レグルスは大きなため息をついた。
(こんなに良い天気なのに、連れて行ってもらえなかったら残念だなぁ・・・)
 まだ姿を見せていないユノーに、いよいよレグルスは落胆を募らせた。いつの間にか彼の長い尻尾はすっかり垂れて、ずるずると地面にひきずられている。
と突然、誰かがレグルスに話しかけた。
「出かけるのを止めたらどうだい?」
いきなりそう声をかけられ、レグルスはきょろきょろと辺りを見回した。
しかし、声はすれども姿は見えず。ふとレグルスは、声の主が天使ラルフだと気がついた。
「ラルフ、どうして君は僕を止めようとするの?何かわけでもあるのかい」
 姿の見えない相手に向かって、レグルスはそう問いかけた。
 するとラルフがこう答えた。
「今日君が会うはずのユノーの友人を、僕は森の奥で見かけたのさ・・・」
 天使はそこまで言いかけたが、考え込むように口をつぐんだ。
「ユノーの友人がどうかしたの?」
 しびれをきらしたレグルスがふたたび訊ねると、一瞬間をおいてから、ラルフが押し殺したような声で言った。
「ー会うと怖い思いをするよ」
 ラルフの言葉に、レグルスはどきりとして言葉をつまらせた。
「え?・・・」
 しかし、レグルスには天使の言葉はにわかには信じがたいものだった。ユノーがレグルスにそんな怖い生き物を合わせようとするとは思えなかったからである。でも・・・、天使は嘘をついたりはしないものだ。
「君は、ユノーの友人の事を知っているの?」
「ああ、知っているよ。どんな生き物かも良く知っている」
「僕が怖い思いをするっていうのは、襲われるっていうこと?」
 レグルスは恐る恐るラルフに訊ねた。しかし天使はすぐには返事をしなかった。
「それは・・・君・し・だ・い・だね」
 含みのある言い回しに、なんとなく不快感を感じたレグルスは、やや剣のある口調で言った。
「じゃあ、襲われるとは限らないんだね?だったら、会いに行くのはやめないよ。僕は弱虫じゃないもの!」
 するとラルフもレグルスの態度に腹をたてたのか、不機嫌そうにこう言い捨てた。
「後悔しても知らないからね!」
 それきり、天使はレグルスに話しかけることはなかった。きっとどこかへ行ってしまったのだろう。
 レグルスは少しきまり悪い思いをしたが(ラルフが心配して声をかけてきたというのは分かっていたから・・・)、もうあれこれ悩むのはよそう!と決めて、姉妹岩の下にそっと身を寄せうずくまった。


      ********


「そんなことをして、レグルスが怖がりはしないかい?」
スミスは躊躇うようにそう言って、ユノーを見下ろした。
「大丈夫だよ。レグルスは勇敢だから、少しも心配することはないさ。それより、少しでも早く神秘の谷に到着する算段をしたいんだ」
ユノーはそう言って、大きく咳払いをした。
「僕の目に狂いはないさ!」
スミスは「分かったよ」と答えると、ユノーのあとについて湖に向かって歩き出した。
やがて二人は、ついに湖の畔にある姉妹岩が見える森のはずれまで辿りついた。姉妹岩のすぐ近くにうずくまる小さな茶色の毛の犬ーレグルスの姿もすぐに見つけることができた。ユノーは背後のスミスに身をかがめるよう前足で合図を送りながら言った。
「僕が先にレグルスに会うから、君は僕が合図するまでこの茂みに隠れて待っていてくれ」


 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと押していただけると更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。