上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
 最初に真子の目の異変に気がついたのは、会社から帰宅し寝室で着替えをしていたパパだった。
「ねえ、真子ちゃん・・・ちょっと目が変だよね?」
 着替えをすますとすぐ、パパは台所で夕食の支度をしているママのところへ行き、心配そうな声でそう話しかた。
「え!真子ちゃんの目がどうかした?さっきまでは何ともなかったけどーー」
 振り向いたママはパパの真剣な顔に不安を感じ、急いで階段を駆け上がり寝室のドアを開けた。
「真子ちゃん!」
 大きな声で名を呼びながら入ってゆくと、真子はお気に入りのソファの上にお座りをして、いつもどおり大きくママに尻尾を振った。けれどその目は両方とも下瞼が腫れ上がり、瞳孔がすっかり上を向いてしまっている。
「どうしたの真子ちゃん、その目!?」
 ママは動転して、声を上ずらせた。
 真子は困ったように俯き、力なく尻尾を垂らした。
「なんか・・・急に変になったの。でも真子何にもしてないよ」
 真子はママに咎められているような気持ちになり、声を落として言った。
「すぐ病院に行きましょう!目のことだから・・・万が一のことがあったら大変よ!」
 ママはそう言って真子の頬を優しく撫でた。真子が心配そうにママを見上げる様子を見て、冷静さを失った自分のせいだと気づいたのだ。後を追ってきたパパも「駅の向こうに24時間の動物病院があるから、そこへ連れて行こう!」とママを急き立てた。

 病院へ着いた時には、もう夜の9時半を回っていた。待合室には真子とママとパパの3人だけ。受付には60代後半くらいの優しげな物腰の男性が一人腰かけ、さきほどママが書き込んだばかりの受付用紙に目を通している。15分程待って、ようやく診察室から一人の女性の看護師が出て来て「こちらへどうぞ」と真子たちを招き入れた。
「急に目がこんな風になってしまって・・・」
 ママはなるべく落ち着いた口調で、真子の目の変化や思い当たる節などについて説明をした。それに対し看護師は、次々と矢継ぎ早にママに質問を浴びせかけた。それは目の事だけではなく、普段の食事や生活の様子に至るまで、実にこと細かな内容だった。

「それでは、真子ちゃんをお預かりします」
 質問が終わると看護師は、ペンを走らせていた問診票を診察台の上に置き、そう言って小脇にはさんでいた白いバスタオルで真子をくるみ、そっと抱き上げた。
 真子は抱かれながら1度だけ、心配そうにママを振り返った。
(大丈夫よ、真子ちゃん!)
 すぐにママは、真子にだけ聞こえる魔法の声でそう言って小さく肯いた。

 その後診察が終わった時には、待合室の時計は10時半を差していた。
 診察室から出て来た真子は首に大きなカラーを巻かれ、さながらエリマキトカゲ状態。すっかり元気を失い、悲しげな表情で首をうなだれていた。
 真子はずっと黙りこくっていたが、帰りの車中でふいに声を張り上げママに訴えた。
「ねえ、ママ!この首に巻いてあるおおきなカラーを外してちょうだい。どうしてこんなの付けられたの?」
 けれどママは、首を横に振った。
「かわいそうだけど、そのカラーは外せないのよ。真子ちゃんが、うっかり目をかいてしまうことがないように付けたものだからね・・・」
「真子、目をかいたりしないよ!だからこれを外して!」
 ママはじっと真子を見つめ、それから静かにこう言った。
「でもね、寝ぼけて目をかいてしまうことだってあるでしょう?もうちょっとだけ辛抱してね、真子ちゃん」
 ママにそう言われ、真子は黙って俯いた。たしかに真子はよく、寝ている間に無意識に耳をかいたりお腹をかいたりする癖があるのだ。
 目をかくと病気が良くならないのだとママから説明を受けていた真子は、カラーをつけるのは憂鬱でも仕方のないことなのだと諦めざるをえなかった。
(あ~ぁ。後どのくらいこのカラーをしてなきゃならないのかなあ?)
 真子は情けない気持ちになりながら、心のなかで溜息をついた。
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。