上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
 青色帽子の妖精が住む丘のすぐ近くに、赤いレンガ造りの洋館が建っていました。この洋館にはもうずいぶんと長い間人が住んでいませんでした。
 ところがある冬の寒い朝のこと。一人のお婆さんがこの洋館こ引っ越してきたのです。
 このことを青色帽子の妖精から聞いた友人の妖精たちは、お婆さんがどんな人なのかとても興味を抱きました。そこで皆で一緒におばあさんの暮らしぶりを見に行こうということになりました。この丘には古い洋館が一軒建っているだけで、付近に人は住んでいません。妖精たちは草の生い茂った洋館の前庭を1列になってつっきり、洋館正面のウッドデッキの下に駈けこむと、そこからさらに家の床下へともぐりこみました。
館の建物はかなり古く、家の柱や壁のあちこちにはねずみがかじって開けた穴があり、小さな妖精が入り込むのは容易いことでした。

オレンジ帽子の妖精
「あれが引っ越してきたお婆さんだね。思っていたよりずっとお年寄りみたいだけど、こんな人の住んでいない場所に一人で暮らして不安じゃないのかな?」

青色帽子の妖精
「うん・・・。確かにちょっと心配になるね。引っ越してきてからもう2週間くらい経つけど、まだ誰も訪ねて来てはいないみたいだし」

オレンジ帽子の妖精
「そうなの?それは寂しいよね。近くに知り合いの人がいないのだとしたら、新しい友達が必要だよ」

緑色帽子の妖精
「でも人は僕ら妖精と違って、そうそう誰とでもは友達になれないみたいだよ。それに仲良くなるにも、時間がかかるみたいだからね」

青色帽子の妖精
「ねえ、お婆さんが手紙を持っているよ」
郵便受けを見にいっていたお婆さんが、一通の手紙を持って居間に戻って来ました。
お婆さんは肘掛椅子に深々と腰をおろすと、震える手で封を切り手紙を読み始めました。

オレンジ帽子の妖精
「友達からの手紙かも知れないね」

緑色帽子の妖精
「なんだか・・・嬉しそうな顔だね」
 妖精たちが、いっせいに手紙を読むお婆さんの横顔をじっと見つめます。

青色帽子の妖精
「きっと好い知らせなんだよ。どうやら心配する必要はなさそうだね」
 やがて妖精たちは、にっこりとして顔を見合わせました。
 台所の方からなにやら美味しそうなごちそうの匂いがしてきます。お婆さんが鼻歌まじりにお料理をしているのです。

緑色帽子の妖精
「また、遊びに来てみよう。もしかしたらお婆さんの大切な友達の顔も見られるかも知れないよ」
 緑色帽子の妖精がそう言うと、皆うなずいてそっと部屋の外へと出て行ったのでした。


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。