上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
リビングの窓から外を眺める時、ふと向かいの家に目がいく。
この間挨拶に来た女の人が、部屋のブラインドを開けはしないかと、つい心待ちに見てしまう。

引っ越しの粗品を持って来たその女の人は、あたしを見て目を細めた。
「かわいい~!」って言いながら、あたしの頬を両手でそっと包んだ。
「実家で、ずっと大型犬を飼っているんです」
ママに笑顔を向け、溌剌とした口調で話す彼女。
年はママの二つ下。
お互いの年が近いと分かった途端、ママは弾んだ声であたしたちの話をした。

いつものことだけど、ママはあたしが一番世話が焼けると人に話す。
パパにもそう言って愚痴をこぼすけど、パパはあたしの味方。
あたしの頭を撫でながら、「パパは、ノアが大好きだからね」と優しく声をかけてくれる。
「まだ仔犬なんだから」とママを宥めながら、あたしの遊び相手をしてくれる。

そんな時、ママは複雑な顔であたしを見る。
うまく御せないのは、自分のやり方がいけないのだろうか、とでも考えていそうな顔つき。

ママはパパと違い、いつもあたしを止めることばかり考えている。
ちょっと跳びあがっただけでも、ノーと言う。小さなわんこがじゃれても何にも言わないのに、あたしがじゃれようとすると大騒ぎ。
そんなの、不公平って思うけど・・・、あたしはじっと我慢する。

あたしがもっと小さかった頃、ママに甘噛みしようと跳びつき、腕に大きな傷を負わせた事があった。
ママは大声で痛がって、すぐにその場からいなくなった。
そしてそれ以来、ママは部屋には来ても、おもちゃで遊びなさいというばかりで、あたしに近づかないようになった。

寂しかった・・・。
ただ、ママに甘えたかっただけなのに。

今はもう甘噛みしたりはしないから、ママもあたしを避けたりはしないけど、あんな態度を取られるのは辛い。

あたしはいつでも、楽しいことはないかと探しているだけ。
でもそれが、ママには大抵困ることばかり・・・らしい。

お散歩している時、道で出会った人たちに、こんにちはと挨拶すると、ママは迷惑そうにあたしのリードを引っ張る。
「ご挨拶しなくて良いから!」って、道の反対側へあたしを連れていこうとする。
どうしてママは、あたしが他の人に近づこうとするのを嫌うのだろう。
疑問に思って、一度真子に訊ねたことがある。
すると真子は、「他人が、みんな良い人ばかりとは限らないでしょ」と言っていた。

真子は警戒心が強いし、慎重な性格だから、そう思うのかな。
ママにも、真子は優秀な番犬と評価されている。

そういえば、ママは通りすがりの人たちに挨拶はするけど、いつでも表情は硬くてぎこちない。
何だか、緊張しているように感じる時もある。
やはり、真子の言う通りなのかな。

もの思いにふけっていると、突然、向かいの家のブラインドが開いた。
あの女の人だ!
ぼんやりと窓の外を眺める彼女に、じっと視線を送る。
もう少しで気づくかも、そう思った矢先、、ブラインドは再び閉められ、姿が見えなくなってしまった。

にわかに、寂しい気持ちに駆られる。

ママが言う通り、他の人の所へはあまり行かないようにしようかな。

冷たくされたら、がっかりするから・・・。

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。