ファンタジーガーデン

自作のファンタジー小説と日々の日記のブログ

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ユノーの友人 11

 21, 2013 23:56
 目指す杉の木は、渓流沿いの岩場から少し斜面を登った丘の中腹、灌木林が途切れ杉の木立に変わり始めるあたりの山肌に立っていた。
 灌木の枝にレグルスをぶつけぬよう、スミスは林を抜けるのを避け、ごつごつした礫岩を足場に登っていくことにした。
 しばらく行くと、山から吹きおろす風にのって爽やかなハーブの香りが鼻をついた。
 目を上げると、すぐ先にある折り重なって地面に突き出した岩の隙間から、小さな薄桃色の花をつけたタイムが這い出して葉を伸ばし、長く垂れ下がっているのが見える。
 高木に遮られることのない丘陵地の岩場は日当たりが良く、季節になれば様々な花が咲き乱れ目を楽しませる。いまも花の香りに誘われ周囲を見渡すと、あちらこちらの岩肌に白や薄桃色の小花を散らしたハーブが群生し、丘を美しく彩っていた。
 だがその景色が眺められるのも、傾斜のなだらかな山裾の丘のところまでーー。
 その先は針状の葉が枝を覆い陽射しを遮る杉の木立ちが並び、下草も生えぬ薄暗い山道が延々と頂きへと続いていた。
「スミス、しばらくここで待っていてくれるかい?。魔よけのハーブが咲いているようだから、少し摘んでいくことにしよう」
 唐突にユノーはそう言って、スミスの頭からぴょんと飛び降りた。
「タイムの香りが気に入らないようなら、少し場所を移動して待っていてくれてもいいよ」
 気遣うようにそう言い残して、ユノーはタイムが咲き乱れる岩場の方へと向かい走り去って行った。
 もののけたちは、タイムの香りをことのほか嫌う。スミスも以前はタイムの香りが苦手であった。しかし精霊に仕えるようになってから、奇妙なことに香りがまったく気にならなくなっていたのだった。
 ユノーは岩肌に枝を伸ばすタイムを鋭い歯で次々と噛みきると、それを器用に1本1本つないで輪にしていった。こうしてタイムの花飾りを3つ拵え終えると、彼はそれを口にくわえ急ぎスミスのもとへと戻ってきた。
「どうやら、もののけたちが僕らの臭いを嗅ぎつけたようだ・・・。先を急ごう。奴らに追いつかれる前に、レグルスを杉の木のところまで運ぶんだ!」
 緊張した声でユノーがそう言うのを聞いて、にわかにスミスも身を強張らせた。
「あの杉の木には清浄な霊気が宿っているけれど、それだけでレグルスの身を守ることはできないよユノー。どうするつもりだい?」
 スミスの問いに、先に立って歩いていくユノーは、振り返ることなく小声でこう答えた。
「レグルスには、僕らには見えない守護天使がついているよ。彼はもののけからレグルスを守るために、きっと杉の木を目覚めさせることだろうからね」
「そうか、あの天使だね!僕もさっきから何となく気配は感じていたよ」
「彼はファンタジーガーデンによく顔を出す天使でね。確かラルフといったかな?レグルスとは顔なじみなのさ。だから今日も、彼のことが心配でここまでついてきたんだろう。天使と杉の木の力を借りれば、もののけたちを追い払うことも、森の守り主に会うことも、そう難しいことじゃない」
「うん。それは実に名案だ!」
 スミスは大きく肯いて、背中のレグルスを振り返った。だがレグルスは意識を失ったままで、一向に目覚める気配はない。
 やがて杉の木までもう目と鼻の先というところまで来たときであった。すぐ後ろの灌木林で葉が激しく擦れあう音がして、スミスとユノーは反射的に振り返った。と、その時、黒い大きな影がさっと二人の前に躍り出て、彼らの行く手を阻んだのであった。

スポンサーサイト

COMMENT - 2

Fri
2013.11.22
16:17

マウントエレファント #TO/PCoV.

URL

体調回復しました

今日病院へ行ってきました。おかげさまで全快と診断され、喜び勇んで診断書を会社にだしてきました。

ユノー友人。山の描写が素晴らしいですね。清く澄んだ山の空気までもが感じられるくらい、リアルです。表現力だけでなく、山のことをよく知っていないとかけませんよね。観察力にもすぐれていらっしゃるのでしょう。いい刺激になります。

トップ記事の絵も、よりファンタジーらしさが増すものにかわり、いいですね。

Edit | Reply | 
Fri
2013.11.22
18:55

エンジェルズアイ #-

URL

Re: 体調回復しました

体調が戻られて良かったですね^^
背景描写が稚拙なので、最近いろんな資料を参考にしながら書くという勉強を始めました。
無駄に時間を過ごすよりは、無駄に思えることでも、少しでも経験を積んだ方が良いと思って^^;
来月中旬ぐらいから、ブログとは別に書いている作品の方が追いこみに入るため、今のうちに少しでも文章力UPに結び付くことをやっていきたいと思っています。

> トップ記事の絵も、よりファンタジーらしさが増すものにかわり、いいですね。

イラストはブロ友のみはゆーのさんが描いて下さいました(*^_^*)
ブログの雰囲気がとても良くなって喜んでいます♪
このブログのイメージイラストを描いて下さったのだそうです!
なんだか、これまで以上に「ファンタジーガーデン」が愛おしくなってきました!(^^)!
まだまだ頑張って続けていかなければ!
そんな思いを新たにしました(^O^)/

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。