ファンタジーガーデン

自作のファンタジー小説と日々の日記のブログ

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

KURAMA (番外)5-後編

 19, 2012 18:43
ーーえ、そうなの?と弘美は意外そうな声を上げ、由利恵を見返した。
 由利恵は親しい同期が相沢と同じ課にいるので、内部事情に詳しい。弘美は彼女からその情報をひきだそうと、わざと給湯室で相沢たちの噂話を聞いたことは黙っていた。案の定、由利恵は自分の聞き込んだ噂話を、さも得意そうに話し始めた。
 弘美はときおり驚いたように目を見開いてみせたり、しみじみとした声色で感嘆の声をもらしたりして、興奮気味に話す由利恵の話に聞き入る素振りを見せた。
「ーーあのおまじない、効き目なかったのかもね?」
 ひとしきり話し終えた由利恵が思い出したように言うと、弘美はそうね、と呟いて俯いた。
 二人は大通りの信号待ちをしながら、話題を変え、いつものように上司の悪口を並べたてはじめた。
 と、ふいに誰かにポンと肩を叩かれ、二人はぎくりとして後ろを振り返った。

「幸田君?!」
 弘美が、一つ下の後輩ーー幸田の顔を見て気の抜けたような声を出す。
「なんですかぁ。その声は。また二人して誰かの悪口でも言ってたんでしょう?」
 悪戯っぽい目で二人を睨みながら、幸田が言った。
 由利恵は苦笑いしながら、まただなんて人聞き悪いわね!と口を尖らせ、やにわに拳を振り上げた。
 幸田はさっと頭の上に鞄を乗せ、由利恵の拳をひらりとかわすと、青信号に変わった横断歩道に向かい一目散に駆け出して行く。由利恵は悔しそうに地団太を踏み、もうっ!と叫んだが、弘美は傍で二人の様子を楽しげに眺めていた。じっさい弘美は、とても気分がよかった。由利恵の話では相沢と芳枝の破局はほぼ間違いないだろうーーそうなれば相沢さんは自分のもの!そう思うと、彼女の心はたちまち浮き立つのだった。
 ところが由利恵が、そんな彼女の思いに水を差すように唐突にこう言った。
「ねえ、前から思ってたんだけど。幸田君て弘美に気があるんじゃないの?」
 弘美は、まさかぁ!と頭を振った。
 弘美が幸田に初めて出会ったのは、1年前のことである。
 システム課所属の彼女は、上司の命令で新人社員向けのパソコン講習を担当することになった。ところが質疑応答の時間になると、決まって質問してくる男がいる。それが幸田だった。眼鏡をかけたキツネ目の意地悪そうな奴ーーそれが幸田に対する弘美の第一印象だった。
 講習担当が初めてだった弘美は、人前に立つのに慣れていなかったため毎回異常に緊張した。
 ところがそこへ、いつも鋭い質問ばかり浴びせかけられるものだから、答えに窮した弘美がしどろもどろになったのは一度や二度ではなかった。
ーーやがて悪夢のような講習期間も終了。ほっと肩の荷をおろした弘美だったのだが、それもつかの間、新人研修を終えた幸田はなんと弘美の課へと配属されてきたのであった。
 以来彼は、何かにつけては弘美につきまとった。そんな彼を見るにつけ、由利恵に言われるまでもなく、弘美も幸田が自分に関心をもっているのでは?と考えたことがなかったわけではない。
 だが彼女の心には常に相沢の存在があり、幸田が入り込む余地などは到底なかった。
「ま、弘美の趣味じゃないよね。幸田は」
 由利恵はそう言い捨てて、組んだ両手を頭の上に突き上げ、うーんと大きく背伸びした。
「それにしても、デスクワークは肩こるよねぇ~」
 弘美はうん、と呟き、何気なく幸田の走り去って行った方向に目を向けた。


  ********


 翌日、弘美がパソコンに向かっていると、脇を通りかかった幸田がこう囁いた。
「弘美さん、相沢さんが廊下で待っていますよーー」
 やや上ずったような声に、弘美はかすかに胸がうずくような痛みを覚えたが、「相沢」という名前を耳にすると、やはり自然顔がほてっていくのを感じた。
 廊下へ出て行くと、エレベーターホールに身を隠していた相沢が姿を見せた。
 弘美は喜びいさんで彼に駆け寄ると、ほとばしるような笑顔で問いかけた。
「急に、どうしたんですか?」
 弾むような声の弘美だったが、どういうわけか相沢は、ひどく青ざめた表情で俯いていた。
 弘美が不審に思っていると、彼は力ない声で呟いた。
「ーー芳枝が、自殺を図って」
 一瞬、弘美の頭が真っ白になる。
 ーー自殺!!
「ーー今朝、病院に運ばれたらしいんだ。だけど家族は、僕の面会を拒絶していて芳枝には会わせてくれない……」
 ーー何?相沢さん、何故わたしにそんな話をするの?
 言葉にならない声が、ぐるぐると弘美の心に渦巻いていく。
「弘美さん、芳枝とは同じ短大らしいね。芳枝のご両親とも面識あるって、うちの課の女の子に聞いたんだけど。ーー僕のかわりに芳枝の様子を見に行ってもらえないかな?」
 相沢の縋るような目が弘美に注がれていた。





 

     ********


 何がどうなってしまったのか分からない?!
 
ーー昼休みの公園。
 いつものベンチに腰をおろし由利恵を待つ間、弘美は突如自分の身にふりかかった出来事について、あれこれ思いを巡らした。けれど、自分に幸運が訪れることしか念頭になかった弘美は、あのおまじないの落とし穴には気付いていなかった。
 そうーーあのおまじないはライバルだけが意中の相手に嫌われる。つまり、ライバルは愛する者に無残にも捨て去られてしまうのだ。結婚まで考えていた相沢の心変りは、芳枝にとってどれほど辛いものであっただろう。自殺を図ったと聞かされたとき、弘美の脳裏にはぞっとするような彼女の死相がよぎった。
「弘美!ごめん待たせてーー」
 ふいに声をかけられ、弘美ははっと我に返る。
 本社ビルの横にある公園は、弘美と由利恵がいつもお昼を一緒に過ごす場所であった。
「ーー聞いたよ。相沢さんに芳枝のお見舞い頼まれたんだって?」
 弘美は黙って頷いた。
「芳枝さんの具合、どうなんだろう?」
 消え入るような声で、弘美は尋ねた。
「うん。私も気になって相沢さんの課の子に聞いたんだけどね。意識不明らしいよ」
ーー意識不明。
 弘美の胸に、その言葉が重くのしかかる。
「自宅のマンションから飛び降りたんだってーー」
 弘美はたまらず顔を両手で覆った。
「--ショックだよね。命を取りとめたとしても、後遺症が残るんじゃないかっていう話だし」
 そんなーー!!
 弘美は自分が芳枝を自殺に追い込んだのかと思うと、恐ろしさに身も凍る思いであった。
 ーー襲い来る罪悪感。
 自分がまじないなどしなかったら、こんなことにはならなかったのに!
 弘美はそう繰り返し後悔したが、もう取り返しはつかない。
 弘美は、自分が地獄に足を踏み入れてしまったことに気がついたーー


   ********


「ーーあの。お客様……お客様!」
 突然そう声をかけられ、弘美は驚いて目を覚ました。
 ーー休日の混み合った喫茶店の店内。
 弘美は自分が、いつの間にかテーブルに突っ伏したたまま眠ってしまっていたことに気がついた。
「すみませんが、店内が混み合ってきたものですから。ご相席をお願いしてもよろしいですか?」
 フリルのついた可愛らしい白のエプロン姿のウエイトレスが、申し訳なさそうな声で弘美に尋ねる。
 彼女の脇には、少し白髪まじりの小太りの男性が一人立っていた。
「あ……、いえ、私もう帰りますから!」
 弘美はそう言って、慌てて席を立とうとした。
 するとウエイトレスは笑顔になり、片手で彼女を制した。そしてテーブルの上のレシートを拾い上げると、レジの方へと歩いて行った。
 弘美は、ふとテーブルの上に広げたままであったノートに目を落とした。ライバルを嫌いにならせるおまじないーーの文字が彼女の目に飛び込む。
 途端に彼女はノートをパタンと閉じた。
 
 おまじないは、懲り懲りーー

 この弘美の心の呟きは、斜向かいの席に座っていた尼天狗の耳にも届いた。
 その瞬間、尼天狗ーー高尾の顔にふっと笑みが浮かぶ。
 高尾は弘美の穏やかな横顔を視線の端にとらえながら、長居していた席からようやく腰を上げたーー



記事を読んでいただき、ありがとうございます!
ただいまブログランキングに参加中です。
ポチッと応援していただけると、励みになります。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


ファンタジー・SF小説 ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。